読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
新参者 東野圭吾(著) 講談社 - @Books

新参者

著者東野圭吾
出版社講談社
発売日2009年09月
サイズ単行本
価格1,728 円

日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。

小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・は行

みんなの感想

cunel2015 2012-03-18 更新
ミステリ(謎解き)というよりは人間ドラマ 読者に謎かけをすることは一切無いです ただ単に読み進んでいけば自然に終わります 全9章構成で完成まで5年掛かっている 年1回とか2年以上放置の時もある  事件モノなのに・・・ その後ドラマ化が決まったせいなのか 2009年には4作書かれてる 「カッコウの卵は誰のもの」でガッカリして 「夜明けの街で」は悪くはないけど映画化に幻滅 せめて堺雅人風+細身女優でと思う この「新参者」加賀役は阿部ちゃんではないよね でも仕方ないので彼の声で読んでた


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


歌舞伎町放浪記
評価:5.0 1件

株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書
評価:3.0 1件

デザインと革新
0件

あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識
0件

プレゼン上手の一生使える資料作成入門
0件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター