読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
どちらかが彼女を殺した 東野圭吾(著) 講談社 - @Books

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

著者東野圭吾
出版社講談社
発売日1999年05月
サイズ文庫
価格658 円

最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。

小説・エッセイ > ノンフィクション > 文庫(ノンフィクション)
小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・は行

みんなの感想

hiro 2010-08-13 更新

cunel2015 2011-05-19 更新
とても読みやすいのが東野作品の傾向 それ故、人物、設定、状況等描写に 重点をあまり置かないので パズル解きみたいなイメージはあるな 今回の作品は注意深く読まないと謎は解けない 軽く読んでしまったので全く解らなかった そういう場合は 付録(文庫版)の「推移の手引き」が あるから大丈夫^^


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


デザインと革新
0件

株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書
評価:3.0 1件

あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識
0件

プレゼン上手の一生使える資料作成入門
0件

一生使える見やすい資料のデザイン入門
0件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター