読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
人格転移の殺人 西澤保彦(著) 講談社 - @Books

人格転移の殺人 (講談社文庫)

著者西澤保彦
出版社講談社
発売日2000年02月15日
サイズ文庫
価格745 円

突然の大地震で、ファーストフード店にいた6人が逃げ込んだ先は、人格を入れ替える実験施設だった。法則に沿って6人の人格が入れ替わり、脱出不能の隔絶された空間で連続殺人事件が起こる。犯人は誰の人格で、凶行の目的は何なのか?人格と論理が輪舞する奇想天外西沢マジック。寝不足覚悟の面白さ。

小説・エッセイ > ノンフィクション > 文庫(ノンフィクション)
小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・な行

みんなの感想

cunel2015 2011-05-18 更新
それなりに楽しく読めたんだけど さすがに6人の人格が転移し続ける展開は 正直こんがらがって考えるのも面倒になった (そこまで真剣に考える内容でもないし・・) 面白かったのかと聞かれれば「面白かったかも」と 人に奨めるかと聞かれたら「無理には奨めない」か


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書
評価:3.0 1件

デザインと革新
0件

あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識
0件

プレゼン上手の一生使える資料作成入門
0件

一生使える見やすい資料のデザイン入門
0件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター