読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
恋文/私の叔父さん 連城三紀彦(著) 新潮社 - @Books

恋文/私の叔父さん (新潮文庫)

著者連城三紀彦 / 連城三紀彦
出版社新潮社
発売日2012年02月
サイズ文庫
価格529 円

マニキュアで描いた花吹雪を窓ガラスに残し、部屋を出ていった歳下の夫。それをきっかけに、しっかり者の妻に、初めて心を許せる女友達が出来たが(「恋文」)。二十一の若さで死んだ、姉の娘。幼い子供を抱いた五枚の写真に遺された、姪から叔父へのメッセージとは(「私の叔父さん」)。都会の片隅に暮す、大人の男女の様々な“愛のかたち”を描く五篇。直木賞受賞。

小説・エッセイ > ノンフィクション > 文庫(ノンフィクション)
小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・やらわ行

みんなの感想

cunel2015 2012-03-19 更新
恋文 私の叔父さん 「私の叔父さん」 これが読みたくて読んだ いちおう恋愛モノ これはまあまあ、かな  5枚の写真に隠された秘密がある なるほどね、て感じ 「恋文」 ついでに読んだけど普通の話  これって昔の映画で萩原健一が出てたやつかな? 近年なら渡部篤朗がテレビで演じた 違うかな(笑 0


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


デザインと革新
0件

株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書
評価:3.0 1件

あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識
0件

プレゼン上手の一生使える資料作成入門
0件

一生使える見やすい資料のデザイン入門
0件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター