読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
i鏡に消えた殺人者 今邑彩(著) 中央公論新社 - @Books

i鏡に消えた殺人者 (中公文庫)

著者今邑彩
出版社中央公論新社
発売日2010年12月
サイズ文庫
価格699 円

警視庁捜査一課・貴島柊志

作家・砂村悦子が殺された密室状態の部屋には、鏡の前で途絶える足跡の血痕が。遺された原稿には、「鏡」にまつわる作家自身の恐怖が自伝的小説として書かれていた。鏡のなかから見つめているのは、死んだはずの「アイ」-!?貴島刑事が鏡に消えた殺人者に挑む、傑作本格ミステリ。

小説・エッセイ > ノンフィクション > 文庫(ノンフィクション)
小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・あ行

みんなの感想

cunel2015 2016-05-28 更新
トリックは良かった ストーリーはイマイチ


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


エッセンシャル思考
0件

ITエンジニアのための「人生戦略」の教科書
0件

幽霊もしらない
評価:3.0 1件

江戸川乱歩に愛をこめて
評価:3.0 1件

プロダクトデザイン
0件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター