読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
悪童日記 アゴタ・クリストフ(著) 早川書房 - @Books

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

著者アゴタ・クリストフ / 堀茂樹
出版社早川書房
発売日2001年05月31日
サイズ文庫
価格712 円

戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理ー非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。人間の真実をえぐる圧倒的筆力で読書界に感動の嵐を巻き起こした、ハンガリー生まれの女性亡命作家の衝撃の処女作。

小説・エッセイ > 外国の小説
文庫 > 小説・エッセイ
文庫 > 人文・思想・社会

みんなの感想

CLAUS 2011-09-07 更新
彼らはとても”おそろしい”双子の少年です。彼らは悪童とも言えるし、神童とも言えます。また、彼らの言動は人として倫理に反するものであるとも言えるし、人として理想的であるともいます。彼らは、あらゆる悪事を客観的に無機質に日記に記しています。それ故、その説明が本当なのか嘘なのかといった証拠や、彼らの心情がつかみ難い。ただひとつ言えるのは、彼らの言動は非常に合理的であるということだけです。


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


ひらめきスイッチ大全
評価:4.0 1件

裏口からのC#実践入門
評価:4.0 1件

C#ショートコードプログラミング第2版
評価:4.0 1件

シャイロックの子供たち
評価:4.0 1件

ゼロ秒思考
0件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター