読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
黒と愛 飛鳥部勝則(著) 早川書房 - @Books

黒と愛 (ハヤカワ・ミステリワールド)

著者飛鳥部勝則
出版社早川書房
発売日2010年09月
サイズ単行本
価格2,160 円

奇妙に傾く狂気の城、奇傾城ー血と内臓と腐肉が主題の絵画が集う一室に幽霊が出没する噂がたち、“探偵”亜久は心霊特番に協力して城を訪れる。遅れて“霊能リポーター”役の女子高生、全身黒服の少女・黒が現れ、亜久にそっと囁いた。「あなたは、鋏が好きですか」…やがて密室状況で、黒と親しい男がくだんの部屋で首を切断された。これは幽霊の凶行か?呪わしく美しい純愛(変愛)本格ミステリ。

小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・あ行

みんなの感想

cunel2015 2012-03-18 更新
飛鳥部作品恒例の「不思議少女+エログロ」 数人の登場人物にスポットをあてて ストーリーを前後させながら進行していく が、いつになっても話が集約されていかず だから、どうした?という気分で後半まで続き・・・みたいな 正直、今回はあまり楽しめなかった あくまでもミステリの部分以外でという意味だけど


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書
評価:3.0 1件

デザインと革新
0件

あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識
0件

プレゼン上手の一生使える資料作成入門
0件

一生使える見やすい資料のデザイン入門
0件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター