読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
鏡陥穽 飛鳥部勝則(著) 文藝春秋 - @Books

鏡陥穽

著者飛鳥部勝則
出版社文藝春秋
発売日2005年07月15日
サイズ単行本
価格2,519 円

帰宅途中、浮浪者ふうの男に襲われた葉子は、無我夢中で抵抗した結果、男を死に至らしめてしまう。婚約を間近に控えた彼女は、悩んだ末、死体を海に捨てることを決意。完璧に隠蔽をやり終えたはずだったが、翌日、友人の結婚式で彼女に声をかけてきたのは、昨日殺してしまったはずのあの男だった…。旧家に伝わる鏡が、ひたひたと街を浸食する。

小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・あ行

みんなの感想

cunel2015 2011-05-19 更新
推理と思ったらもしやミステリーか? と思ったら怪奇なの?と思ったら幻想だったのか? と思ったらホラーだった。 それ以上の感想はないなぁ それで充分小説としては楽しめた (個人的には好むテーマじゃないけど・・) これ面白いかどうかは個々の趣向だろうねぇ


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


歌舞伎町放浪記
評価:5.0 1件

株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書
評価:3.0 1件

デザインと革新
0件

あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識
0件

プレゼン上手の一生使える資料作成入門
0件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター