読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
パリ黙示録 真梨幸子(著) 徳間書店 - @Books

パリ黙示録

著者真梨幸子
出版社徳間書店
発売日2011年08月
サイズ単行本
価格1,728 円

1768娼婦ジャンヌ・テスタル殺人事件

フランス革命の二十一年前。ルイ十五世治下のパリは、すでに革命の予兆を孕んでいた。貴族の醜聞を喜ぶパリ市民たち。訴訟趣意書を大きく脚色して儲ける印刷業者たち。とりわけ人々が喜ぶのは、若く美しき貴公子・サド侯爵の醜聞だ。そのサド侯爵が新たな暴行事件で訴えられた日。セーヌ河畔で最初の醜聞の相手であった娼婦ジャンヌが惨殺死体で発見された。あまりにも残忍な殺人を犯したのは、あのサド侯爵なのか?パリ警察でただひとり、放蕩貴族の監視を任務とする私服警部ルイ・マレーが捜査で出会う「悪」の姿とは…。

小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・ま行

みんなの感想

cunel2015 2011-11-13 更新
主人公の警部が猟奇事件を解決する警察小説(謎解きではない) 読み始めから話がどう展開するのか分からず しばらくモヤッとし続けた 途中から加速するどうもひとりよがり感は否めないし エログロ描写が多い またキャラ作りがイマイチ  誰ひとりとしてイメージ出来ないし活きてもない カバーイラストの人物が誰なのか ラスト付近ならないと判らない始末 これは問題でしょ


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書
評価:3.0 1件

デザインと革新
0件

あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識
0件

プレゼン上手の一生使える資料作成入門
0件

一生使える見やすい資料のデザイン入門
0件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター