読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
流れ星と遊んだころ 連城三紀彦(著) 双葉社 - @Books

流れ星と遊んだころ

著者連城三紀彦
出版社双葉社
発売日2003年05月
サイズ単行本
価格1,836 円

43歳、初秋。職業・芸能マネージャー。人生なんてもうどうでもいい、と思っていた。ある夜、ナイフの眼を持つ男と出逢った-「この男をスターにしてみせる」男たちの最後の夢を賭けたドラマがいま始まる。

小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・やらわ行

みんなの感想

cunel2015 2012-03-19 更新
ストーリーが低空飛行のまま最後までいった感じ 読みやすいんでスラスラいけたけど キャストが最後までイメージできなかった この作家さん、何冊か読んだんだけど なんか古いんだよね これ昭和の作品かな?て思ってしまった ミステリの部分も 小説とはいえ そこまで仕掛けることは可能か?て


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


デザインと革新
0件

株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書
評価:3.0 1件

あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識
0件

プレゼン上手の一生使える資料作成入門
0件

一生使える見やすい資料のデザイン入門
0件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター