読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
敗北への凱旋 連城三紀彦(著) 講談社 - @Books

敗北への凱旋 (講談社ノベルス)

著者連城三紀彦
出版社講談社
発売日2007年08月
サイズ新書
価格864 円

長編新探偵小説

終戦後まもないクリスマスイブ、安宿で片腕の男の死体が見つかった。容疑者の中国人女性・玲蘭は彼の情婦をも殺し、自らも身を投げる。痴情のもつれと見られた事件の背後には、恐るべき陰謀と愛の悲劇が隠されていた。男が残した美しい旋律を手がかりに、戦争に翻弄された男女の数奇な運命が今、明かされる。

小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・やらわ行

みんなの感想

cunel2015 2012-03-19 更新
無駄に情緒的過ぎるので 全く小説(ミステリー)の中に入れなかった それに謎解きは全く分からないし ちょっと難しすぎる(個人的能力の問題だけど) 正直、考えようとも思わなかった ただ この作家特有の文章はよろしいかと 「戻り川心中」の世界観も良かったし 好きな人は好きなんだろうな 凄い難しい謎解きですが 暗号系が好きな方にお勧め


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


透明マントを求めて
0件

実戦マーケティング戦略
0件

ひらめきスイッチ大全
評価:4.0 1件

裏口からのC#実践入門
評価:4.0 1件

C#ショートコードプログラミング第2版
評価:4.0 1件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター