読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
体験のあと ガイ・バ-ト(著) 集英社 - @Books

体験のあと

著者ガイ・バ-ト / 矢野浩三郎
出版社集英社
発売日1997年03月
サイズ単行本
価格2,052 円

校舎の片隅に、使われていない地下室を見つけた高校生たちが、面白半分に、そこに食料を持ち込んで閉じこもろうということになった。発案者はマーティン、成績抜群ながら、おそるべきいたずらを思いつき、実行しては教師すら出し抜く、頭の切れるカリスマ。彼はこれを「人生の真実を知る実験」と呼び、五人の男女を中に残して、三日後に開けると言って外から鍵をかけた。最初は、ちょっとした秘密パーティーのつもりで、酒を飲んだりして楽しんでいた五人だったが、そのうちある不安がきざしてくる。鍵が開けられなかったら?不安は現実となる。三日経っても鍵は開けられない。食物も尽き、水道も止められてしまった。恐怖がつのってゆく…。大学生の新鋭が描くサイコスリラー。

小説・エッセイ > 外国の小説

みんなの感想

cunel2015 2011-05-22 更新
それらしく思わせぶりなセリフが多いんだけど 内容がともなってないよ それに なんとも理解しがたい展開であり 意外なラストであると(呆 そりゃあそうだ そんなこと誰も考えはしない まあ 作家にそう説明されては ああ、そうですか、としか言いようがないな


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書
評価:3.0 1件

デザインと革新
0件

あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識
0件

プレゼン上手の一生使える資料作成入門
0件

一生使える見やすい資料のデザイン入門
0件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター