読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
殺人者にダイアルを 梶竜雄(著) 徳間書店 - @Books

殺人者にダイアルを (徳間文庫)

著者梶竜雄
出版社徳間書店
発売日1987年12月01日
サイズ文庫
価格608 円

33歳の若さで福富銀行の副支店長を勤める間宮信夫が服毒死。自殺の原因が横領だったと知らされた恋人の上草千秋も、「これは罠よ!」と謎の言葉を残して自殺してしまった。千秋と同じバーで働く藤川京子は2人の死の真相を求め友人らと調査を開始。千秋の死の当夜、バーの中では巧妙な時間の操作が行なわれ、さらに二つの事件の背景に、大がかりな組織犯罪が浮かんできた。本格長篇推理。

小説・エッセイ > ノンフィクション > 文庫(ノンフィクション)
小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・か行

みんなの感想

cunel2015 2012-04-13 更新
初期の梶作品として普通のことなんだけど ストーリーがスムーズに流れないので 読むのに時間がかかってしまった 妙にスケール感ある話であり そして手がこんだ仕掛けだけど 教養のない自分には理解しづらかった 伏線もそれなりあったようだけど ストーリーのイマイチさの中に 埋没してたような気がする 梶作品特有の 若者造語があまり活きてない作品かも


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


デザインと革新
0件

株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書
評価:3.0 1件

あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識
0件

プレゼン上手の一生使える資料作成入門
0件

一生使える見やすい資料のデザイン入門
0件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター