読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
草軽電鉄殺人事件 梶竜雄(著) 廣済堂出版 - @Books

草軽電鉄殺人事件 (広済堂文庫)

著者梶竜雄
出版社廣済堂出版
発売日1989年12月01日
サイズ文庫
価格503 円

長篇サスペンスミステリ-

映画女優白川梨花が草軽電鉄から失踪して24年目の夏、その娘桃代が軽井沢で何者かに毒殺された。桃代殺害の真相究明を依頼された探偵の高室雄司は、梨花が失踪直前に描かせた肖像画の中に、母娘に隠された秘密を見出す。しかも肖像画に絡んだ男の存在を知り、事件の核心を訊き出すが、この男も毒殺されてしまう。2人を殺した犯人を解明するため、高室は残された最後の矛盾点に挑む-。最篇サスペンスミステリー。

小説・エッセイ > ノンフィクション > 文庫(ノンフィクション)
小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・か行

みんなの感想

cunel2015 2011-05-19 更新
読み始めは軽快なテンポで始まったんで そのノリかと思いきや 終盤いきなり感傷的に 物語は面白かった分、ちくはぐな感じ それにこの作家さんお得意の「綺麗な伏線」もイマイチ ファンは当然読んでるだろうけど それ以外の人もそれなりに楽しめる 昭和58年くらいの作品 軽井沢好きには 歴史を辿るという意味でお勧め


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


おもしろ日ロ関係散歩道
評価:5.0 1件

透明マントを求めて
0件

実戦マーケティング戦略
0件

ひらめきスイッチ大全
評価:4.0 1件

裏口からのC#実践入門
評価:4.0 1件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター