読んだ本・読みたい本を簡単登録、読書ソーシャルサービス ようこそ ゲストさん新規登録ログイン@Booksとはヘルプ
“It”と呼ばれた子(幼年期) デイヴ・ペルザ-(著) ヴィレッジブックス - @Books

“It”と呼ばれた子(幼年期) (ヴィレッジブックス)

著者デイヴ・ペルザ- / 田栗美奈子
出版社ヴィレッジブックス
発売日2003年07月14日
サイズ文庫
価格702 円
小説・エッセイ > ノンフィクション > ノンフィクション(外国)
小説・エッセイ > ノンフィクション > 文庫(ノンフィクション)
人文・思想・社会 > ノンフィクション > ノンフィクション(外国)
人文・思想・社会 > 文学 > その他

みんなの感想

CLAUS 2011-09-06 更新
「本物の家族がいて、とっても幸せだから泣いているのよ。」 どうして、あんなに優しかった母親が、あのような"姿"になってしまったのか、僕はそこが知りたいですね~。 「ふつうの人だったら顧みないようなことでも、ぼくはきちんと価値を認めることができると信じている。」 この子(人)がなぜこのような奇行をするようになったのか、その理由を考えることは本当に大切な事だと思います。一緒に考えてあげることで、その子が自分の人生の価値を見出すことに繋がるのだと思います。 「ぼくが何より求めていたのは、ほんのちょっとの敬意、人間としての尊厳のかけらを与えてもらうことだった。」 少しでもいいから、人間として扱ってもらうことが、当時の彼の一番の望みだったようですね・・・。


登録している読者



この本を読んだ人はこんな本も読んでいます


透明マントを求めて
0件

ひらめきスイッチ大全
評価:4.0 1件

裏口からのC#実践入門
評価:4.0 1件

C#ショートコードプログラミング第2版
評価:4.0 1件

シャイロックの子供たち
評価:4.0 1件




Copyright (C) @Books All Rights Reserved   楽天ウェブサービスセンター